今さら聞けないポスティングの基礎知識

ポスティングとは、ポストに宣伝のチラシを人が1枚ずつ配るものです。新聞などにはさんで配られる折り込み広告も広範囲に配ることができるため、集客効果を期待しやすいですが、ポストに1枚ずつ配布するタイプの宣伝の場合、より宣伝を見て欲しい顧客の心をつかみやすくなっています。新聞広告と違い、他の広告に紛れてしまうという心配も少ないというメリットがあります。また、新聞広告の場合は、新聞を取っている人にしか配布されませんが、ポスト投函のチラシであれば、新聞を取っていない人に対しても宣伝をすることが可能となります。配布先を細かく設定できるため、ターゲットとなる家庭の条件を細かく指定しできます。その結果、必要な場所に配布することができるというメリットがあります。

新聞の折り込み広告と比較してみよう

新聞の折り込み広告の場合は、朝刊にチラシが挟まれることがほとんどです。そのため、顧客がチラシを見るタイミングは、朝刊を受け取った後になります。しかし、平日の場合は、その時間帯にチラシがチェックされないことも多いです。それに対して、ポスト投函のチラシの場合は、ポストを開けた時に受け取ることができます。他社が配ったチラシと競合する場合もありますが、特に日を設定されている訳ではないため、単独でポストに入ることも多いです。その場合は、インパクトも強く、顧客の目に触れる機会も多いと言えるでしょう。新聞の折り込み広告の場合は、配布地域のみしか指定することができません。広範囲に一気に配れるメリットがある反面、必要のない顧客にまで配られてしまい、無駄になってしまうことがあります。

ポスティングチラシはさまざまなものが配布可能

新聞の折り込み広告の場合は、紙質やサイズなどが決まっていますので、その範囲内で行わなければなりません。それに対して、ポスティングチラシの場合は、自由に用紙やサイズなどを広告主が決めることが可能です。また、単なるチラシだけではなく、クーポン券付きにしたり、サンプルや試供品などを一緒に配ることも可能だったり、さまざまな可能性を秘めています。集客を目的としている場合は、イベントの開催までチラシが手元に置かれている可能性が高くなります。新聞の折り込み広告に比べると、配りたいターゲットにピンポイントで配布できるため、より集客力が高まると言えるでしょう。ただし、人が1枚ずつポストに投函していくことで配られるため、荒天の時などは配布できない場合があります。期限の迫ったイベントの告知などには、注意が必要です。

リピーターさんにお得な前回の配布から一ヶ月以内の再配布割引があります。 チラシ配布エリアは兵庫県、大阪府、京都府、奈良県で対応しております。 大阪府のポスティングなら各区、各町丁目単位でチラシ配布地域が指定できます。 他社ポスティング会社に頼んでも全然成果が出ないからポスティング会社を作ったんです。 集合住宅・戸建・事業所など細かなターゲットの絞込みが可能です。 反響率の高いポスティングサービス