ポスティングと新聞折り込みチラシの違い

ポスティングは、家のポストに投げ込まれる宣伝チラシのことで、チラシを投げ込むアルバイトなどによって、各家庭のポストに投函されます。それに対して、新聞の折り込み広告は、新聞を取っている家庭全般に配られるチラシです。どちらも宣伝チラシという意味では同様ですが、両者は少々意味合いが異なります。ポストに配られるチラシは、その地域全般を網羅しており、特に地域密着で情報を拡散したい場合に有益です。ターゲットを細かく分けることも可能で、例えば、塾のチラシだと子供のいる家庭をターゲットにすることなども可能です。新聞のチラシの場合は、広範囲に配れることが最も大きなメリットとなっています。例えば、同じ塾であっても、広範囲に教室がある場合は、宣伝効果が高いと言えるでしょう。

ポスティングと新聞広告の違いを知ろう

ポスティングで配られるチラシは、不動産関係、美容院やレストランなどの新店舗オープンやキャンペーン広告、地域のイベントに関連するもの、学習塾や習い事などの生徒募集、お店のセール情報など、多岐にわたります。新聞広告との違いは、配られる量の差も大きいと言えるでしょう。ポストに配られるチラシは、大体1度につき数種類と数もそれほど多くはありません。また、新聞などとは別に配られるため、目につきやすいというメリットもあります。チラシの意味としては、まず見てもらわなければ意味がありませんから、他のチラシなどの束に埋もれてしまってはせっかく配った意味もほとんどなくなってしまうと言えるでしょう。その中で他と差別化するような工夫をしておけば、宣伝効果も高まると言えます。

ポスティングで配るチラシを目立たせる

ポストに投函するチラシは、目に留まりやすいとは言っても、やはりそのまま気づかれないまま日が経ってしまうことも無いとは言い切れません。そのため、配るチラシの紙の質や印刷、体裁などに気を配ることが大切となっています。白黒の印刷よりもカラーの方が目立ちますが、逆にカラーばかりのチラシの中では白黒のチラシの方がインパクトを感じられる場合もあります。紙の質も、つるつるの紙やコピー用紙などのようにツヤの無いものまでさまざまですが、やや厚めの紙を使うと、持った時の存在感が感じられます。さらに、ポスト投函ならではの方法として、透明の袋に入れるという方法があります。これは、紙のチラシの中で存在感がより高まりますし、試供品やクーポンなどを一緒に入れることも簡単です。