ポスティングに掛かる費用と効果

新店舗をオープンしたり学習塾などの教室をオープンした時、店舗の近所に住む人に固定客になってほしいという思いを抱く事業主は多いでしょう。まずは、新店舗をオープンした事実を近隣に住む人に知らしめることが必要です。また、オープン記念イベントなどを行って集客力を上げるには、まずイベント開催を知らせる必要があります。こんな時に便利なのがポスティングです。各家庭や事業所などのポストに宣伝チラシを配布することを言います。似通っているものに新聞の折り込み広告がありますが、こちらは配布部数が多くなり、対象地域が広くなること、新聞を購読していない人にはチラシが届かないという特徴があります。新聞の購読数が減っている現在では、新しい宣伝方法としてポスト投函が注目されています。

ポスティングにはどんなメリットがあるか

新聞の折り込み広告と比較して、配布地域を細かく設定することができます。対象地域の全戸配布を行えば、新聞を購読している、していないに関わらず、全員の目に触れる可能性があります。新聞広告の場合は、他のチラシも一緒に挟み込まれるため、自分が作成したチラシが必ずしも目に触れるとは限りません。場合によっては他のチラシに紛れてしまう可能性もありますし、競合するお店などのチラシも一緒に入ることがあるため、顧客に価格やサービス等を比較されやすくなります。また、新聞の折り込み広告の場合は、印刷された紙であることが絶対条件となります。それに対して、ポスト投函の場合は、必ずしも紙の広告だけとは限りません。例えば、サンプルや試供品なども一緒に付けることもできますし、クーポン券などを付けることもできます。

ポスティングにはどれくらいの費用がかかるか

広告を打つのであれば、なるべく低料金で最大限の効果を出したいと思うのが一般的でしょう。ポスト投函の場合は、チラシ1枚ごとにいくらという値段設定がなされていることが多いです。また、地域的なものもあります。東京などの都心部と地方都市では、東京などの都心部の方が、1枚あたりのチラシの料金が高くなります。地方都市では1枚あたり3円から5円などが相場ですが、東京では5円から7円などが相場となっています。ポスティングを依頼する業者が単独のチラシだけを扱うのか、複数業者のチラシを扱うのかによっても、価格は異なってきます。また、一戸建てを中心に配るのか、マンションなどの集合住宅に配るのかによっても、配る効率や配るたえに必要な時間などが変わり、ひいてはそれが料金にも反映されます。