実際にポスティングを利用して成功した例

最近経営しているお店の集客力が弱まっていると感じていたり、新規の顧客を開拓したいと考えているのであれば、これまでの宣伝方法を見直すことも必要となってきます。昨今では、インターネットを利用した宣伝は一般的に行われていますが、それだけでは十分な集客が見込めない場合、以前からあるポストにチラシを投函するというポスティングを使って、新たに顧客開拓を目指してみても良いのではないでしょうか。インターネットを利用した顧客開拓は、地域性や性別、年代などの属性を関係なく宣伝ができる代わりに、情報量が多いだけに自分のお店の情報を利用者が必ず拾ってくれるとは限らないという盲点があります。それに対して、ポスト投函のチラシであれば、情報を見て欲しいターゲット層に確実に情報が届けられるメリットがあります。

新規顧客の開拓が効率良く行える

ポスティングチラシは、単なる紙のチラシだけではなく、クーポン券を付けたり封筒に入れた形にしたりと、さまざまな形態で配ることができるメリットがあります。単なるチラシを1枚配るよりも、クーポン券を付ける方が、集客力を上げることが可能です。また、封筒に入れた形にしてあると、高級感、特別感を出すことが可能です。その結果、チラシの廃棄率も低くなり、そのお店に出向いてみようかと考える人も増え、結果的に新しい顧客を増やすことができます。新聞の折り込み広告とは違い、別の時間帯に配ることで、他の広告に紛れてしまい気づかれないという危惧も少なくなります。外出先から帰ってきた人はまずポストを覗くことが多いため、見て欲しい人に確実に情報を届けられるというメリットがあります。

お店の経営の仕方を考えるきっかけにも

現在営んでいるお店の売上が伸び悩んでいる時、新規の顧客を開拓したいと考える店主は多いでしょう。例えば飲食店の場合、現在主流で来てくれている顧客層とは少し違う顧客層にも受けるメニューを考えて、それを前面に打ち出した割引クーポン券などを付けることで、これまでは顧客層でなかった層もお店に出向いてくれるきっかけになる場合があります。ポスティングチラシを配る地域は細かく設定できるため、例えばターゲット層を20代から30代の女性にして女子会メニューを企画した場合などは、その年代の女性が多く居住する地域やマンションを中心にチラシを投函することで、集客力を上げることが可能となります。また、来店した人に向けてのアンケートを行い、実際どのような年代の顧客が来店しているかを見て、次のチラシ作成やメニューの検討をすることで、さらなる顧客増加が見込めます。